ドアクローザー日記STAFF BLOG

以前のブログはこちら

アームの刻印=品番ではありません

2023.08.25

ドアクローザーのアームには様々な刻印が入っています。
最近は2~3桁の数字が多いです。

この数字から該当機種は絞られますが、品番にはたどり着けません。
昭和時代は稀にアームに品番がある場合もありましたが、本当に僅かです。

代表的な機種でリョービ162P、ニュースターP83等ですが、製造中止又は仕様変更されています。

機種選定でアームの刻印を品番と考える方は多いですが、大半は間違いです。
ドアクローザーは部品の集合体です。

すべての部品がわかりませんと、品番は確定できません。
交換機種の選定は簡単なようですが、大変に難しくすべての部品形状の記憶が必要です。

NHN,MIWAのように携わっている人がいないメーカーは一層に交換機種選定が困難です。
Dr.クローザは全メーカーの交換機種がわかる国内唯一の専門会社です。

 

最近の投稿Recently

2024.05.30

ドアメーカーは一般ユーザー様にドアクローザーを販売していません

2024.04.05

RYOBI S202P

2024.02.22

ストップ装置 ワンタッチ式

2024.02.06

ポイントシステムスタートします

2024.01.10

2024年営業3日目

カテゴリーCategory
ドアクローザー [23]
MIWA [8]
NHN [6]
RYOBI [5]
NEWSTAR [3]
月別アーカイブMonthly

以前のブログはこちら