ドアが「バタン」と急激に閉まる音は不快ですし、危険です。ドアクローザーが原因ですが、交換方法がわかりません。このサイトでは調整方法、交換時期の見分け方、外し方、交換機種の選定まで詳しく専門家が説明いたします。

リョービ取替用では交換不可の実例

  • HOME »
  • リョービ取替用では交換不可の実例

リョービ取替用(万能型)では交換不可の実例

リョービのHPでは取替用ドアクローザーを下記のように表記しています。

「ドアクローザはメーカーや機種によって取り付けのネジ穴位置は違いますが、この「取替用ドアクローザ」は 「フリーアジャストブラケット」と「スライド取付板」で、ほとんどのメーカー全機種のネジ穴に対応。 ドアと上枠のネジ穴をそのまま使えるので、ドリルを使ったスチールドアなどの面倒な穴あけ作業、 ネジ穴作業がほとんど必要ありません。」

ネット販売店もこの文言を販促用に使用しています。
“ほとんどのメーカー全機種のネジ穴に対応”
ユーザー様はこの表現により、ほとんどの機種で交換可能と判断してしまいます。

リョービ取替用ドアクローザーは万能型と呼ばれていますが、ほとんどのドアクローザーが交換できるわけではありません。

取替用ドアクローザーを購入したが、現状穴で交換できず弊社から買い直される方は数多くいらっしゃいます。

交換適応条件「ブラケットの形状とネジ穴対応範囲」内でも、取り付け不可のケースは多々あります。
弊社では、リョービ取替用(万能型)ドアクローザーを1万台以上販売した実績を元に、取り付け不可の実例を具体的な機種により検証いたします。

交換用ドアクローザーの交換適応条件「ブラケットの形状とネジ穴対応範囲」

ネジ穴対応範囲外

【NHN】

【72P】
19mmのみ対応
この機種は34mm
交換機種有り

【132GPA】
ブラケットのレール式は対応外
交換機種有り

【旧BL1型】
本体3箇所止めは対応外

【D4X16】
ブラケット3つ穴は不可で追加工必要
交換機種有り

【RYOBI】

【REGNO】
本体取り付け寸法が対応外
交換機種有り

【162P】
ブラケット3つ穴は不可で追加工必要
交換機種有り

【旧型BL品】
ブラケット3つ穴は不可で追加工必要 
交換機種有り

【702PD】
ブラケット3つ穴は不可で追加工必要
交換機種有り

【NEWSTAR】

【旧型BL品】
本体2箇所止めは対応外
交換機種有り

【積水ハウス型】
本体2箇所止めは対応外
交換機種有り

【ヘーベルハウス型】
本体2箇所止めは対応外

【P183旧型】
ブラケット3つ穴は不可で追加工必要
交換機種有り

【MIWA】

【旧型BL品】
本体取り付け寸法が対応外
交換機種有り

【旧型BL品】
本体取り付け寸法が対応外
交換機種有り

【M802】
ブラケット3つ穴は不可で追加工必要
本体のみは交換可能

【大和ハウス型】
本体取り付け寸法が対応外
本体のみは交換可能機種有り

本体の取り付け部分(ドア)に障害物があり対応外

【NHN182PL】
交換機種有り

本体を外すと突起物あり

突起物で固定金具が盛り上がり

【NHN132Pトステム型】
交換機種有り

トステム型の本体取り付け金具
丸印のネジにより固定金具が取り付け不可

1、外観だけでは取替用の固定金具が、取り付けができるかの判断ができないケースがあります。
2、トステムの玄関ドア用ドアクローザーの大半はリョービ取替用での交換は不適格です。
3、トステム型などの専用型ドアクローザーでの交換がお勧めです➡弊社へお問い合わせ

本体の取り付け部分(ドア)に障害物があり対応外

【NHN53YKKAP型】
交換機種有り

取替用のブラケットでは障害物に当たる

L型プレートを取り付けるスペースがない

NHN902PL

L型プレートの上部が当たる

写真の右側がL型プレート

パーテーション(間仕切り)型ドアクローザー

NHN52パーテーション型

パーテーション型ドアクローザーのブラケットが特殊です。
既存のブラケットを使用しての交換は不可です。
パーテーション型ドアクローザーは、リョービ取替用ドアクローザーでは交換不可です。

固定金具の取り付け部分に段差がある

段差があるために固定金具が斜めになる。

適応ドアの対応範囲外

ドアクローザーの適用ドアサイズとリョービ取替用ドアクローザーの適応サイズ表
リョービの取替用S202PとS203Pは、サイズ2又は3に該当します。

サイズ ドアザイズ(mm) ドア重量(㎏) 機種
1 800 x 1800 15~30
2 900 x 2100 25~45 S202P
3 900 x 2100 25~45 S203P
4 1050 x 2400 60~85
5 1200 x 2400 80~120
6 1500 x 2700 100~140

サイズ2のドアクローザーをサイズ1のドアに使用しますと、トルクが強くドアを開ける時にかなり重く感じます。

サイズ2のドアクローザーをサイズ3のドアで使用しますと、トルクが弱くドアが閉まらない可能性は高いです。

取替用のS202PとS203Pは、対応範囲内での使い分けが必要です。

【NHN152SPT】
サイズ1のため不適格
交換機種有り

【NHN L1X11】
サイズ1のため不適格
交換機種有り

【NHN54SP】
サイズ4のため不適格
交換機種有り

「ブラケットが本体より離れすぎている」

「網戸がある場合」

「室内用ドアクローザー」

ここまでの機種は、ほんの一部の例です。様々な条件で取り付け不適格の機種がありますので注意が必要です。

リョービ取替(交換)用ドアクローザーの問題点

万能型ですのでリフォーム業者などには大変に使い勝手の良いドアクローザーですが、一度きりの交換の方には下記の問題点があります。

・リョービのHPの「ブラケットの形状とネジ穴対応範囲」がわかりづらい。
→ 対応不適格の機種がわからず、また対応範囲内でも取り付け不適格の場合もあり不安。

・取り付けが難しい。
→ A3の両面の取説をすべて理解するのは難しく、何かは見落とす。
その見落としから不具合が生まれるパターンが多い。

・ネジ止めが多すぎる。
→ 1箇所のネジ止め忘れから故障につながります。

・S202PとS203Pの適応ドアの判断ができない。
→ 戸建て住宅のアルミドアがすべてS202Pで適合するわけでなく、マンションのスチールドアがS203Pではなく、大半はS202Pで適合しますが、その事実がわかりづらい。

■ドアの障害物又は段差等、ネジの締め忘れにより本体が盛り上がり

■ブラケットの取り付け不良

■ブラケットが本体より離れすぎでアーム、リンクが連結できない。

交換前1

ブラケットの位置2

アームとリンクが連結できない3

既存とまったく同じ取り付け穴の機種は90%有り

ドアクローザーの交換において一番に重要なことは「簡単に正確に交換できる」ことです。
しかし、ドアクローザーには品番が書いていない以上、交換機種がわからないのが実情です。
Dr.クローザは交換同一機種の有無、価格を無料にてご案内いたします。

PAGETOP
Copyright © SAITO Co.,ltd. All Rights Reserved.