ドアが「バタン」と急激に閉まる音は不快ですし、危険です。ドアクローザーが原因ですが、交換方法がわかりません。このサイトでは調整方法、交換時期の見分け方、外し方、交換機種の選定まで詳しく専門家が説明いたします。

20シリーズ

リョービ 20シリーズ 

2005年以前

2006年以降

見分け方

1) 本体

本体
裏刻印
本体
全長寸法
549

229ミリ

531
524

・本体裏の刻印を確認しなくても、本体全長寸法が229ミリは20シリーズ又は1000シリーズになります。

20シリーズと1000シリーズの違い(本体裏の刻印は異なります)

20シリーズ
角に丸みがある

1000シリーズ
角が四角

2) アーム

・段付きアームが標準仕様です。

3) ブラケット

【横一線4つ穴】

・YKKAPなどのドアメーカー専用品は上記寸法と異なる機種もあります。

 

76 40
70 35 特別対応品
70 30 特別対応品
60 35 特別対応品

【ちどり穴4つ穴】


【ちどり穴3つ穴】

3つ穴は製造中止のためにブラケットのみ既存使用

【ブラケット挿入型】

枠内にブラケットが挿入されていますので本体のみの交換になります。


【2つ穴(スタンダード型)】


【代表的な採用玄関ドア】

トステム

YAMAHA

三協立山アルミ

交換機種

・製造中のドアクローザーですので同一機種で販売いたします。

販売価格

・ストップ無し 9,020円(税込)~9,790円(税込)
・ストップ付き 9,350円(税込)~9,980円(税込)送料、代引き手数料は無料
・トステム(現行リクシル)専用品 9,980円(税込)

■ブラケット特別対応品

・ストップ無し 12,650円(税込)
・ストップ付き 13,200円(税込)

万一、現状穴で交換できない時は、無償交換又は全額返金いたします。

ご注文でのご確認事項

・ブラケットの取り付け穴及びアームの形状を確認します。
 本体の裏のP2又はP3の確認ができればベストです(ご使用ドアでも判断できます)。
・ストップ付き無しの確認をします(ストップ付きは90°までドアを開くとストップします)。
・色の確認。

ストップ付きはストップネジを必ず、商品に同封の専用スパナで強く締めてください。
強く締めないと「バチバチ」と音がします。


PAGETOP
Copyright © SAITO Co.,ltd. All Rights Reserved.