ドアクローザーの故障の原因

  • HOME »
  • ドアクローザーの故障の原因

ドアクローザーの故障の原因

寿命による部品の磨耗、劣化
ドアクローザーを長年使用されますと、本体内部の部品が磨耗、劣化により、当初の性能が維持できなくなることがあります。
寿命の年数はドアの開閉頻度などによって、一概に決まっておりませんが、一般のご家庭では、使用後10年以上過ぎた製品は交換をお勧めいたします。

ドアを強制的に閉めていませんか。
ドアを早く閉めるために、人為的にドアを閉めることを繰り返すと、内部の部品に無理がかかり故障の原因に至ることがあります。

スピード調整弁を反時計まわりに回しすぎ
本体にあります速度調整弁を必要以上に回しすぎますと、ネジが抜け、油が漏れることがあります。(一度ネジが抜け落ちると、入れ直すことはできません)