ドアクローザーの基本性能

基本性能

ドアクローザーとは、ドアの上部に取り付けられドアを油圧により、ゆっくりと自動的に閉める装置です。

季節の温度変化により、ドアクローザー内部に使用されている油の粘性が変化し、ドアの閉じる速度が変化します。
しかし近年のドアクローザーは油の改良によって、通年速度変化はなくなりました。

本体から油が漏れた場合は、至急交換することをお勧めいたします。
ドアの閉じる速度が極端に速くなり、事故につながる恐れがあります。

ドアクローザーは分解、改造、油の注入はできません。

ドアクローザーの故障の原因

基本性能

寿命による部品の磨耗、劣化
ドアクローザーを長年使用されますと、本体内部の部品が磨耗、劣化により、当初の性能が維持できなくなることがあります。 寿命の年数はドアの開閉頻度などによって、一概に決まっておりませんが、一般のご家庭では、使用後10年以上過ぎた製品は交換をお勧めいたします。

ドアを強制的に閉めていませんか。
ドアを早く閉めるために、人為的にドアを閉めることを繰り返すと、内部の部品に無理がかかり故障の原因に至ることがあります。

スピード調整弁を反時計まわりに回しすぎ
本体にあります速度調整弁を必要以上に回しすぎますと、ネジが抜け、油が漏れることがあります。(一度ネジが抜け落ちると、入れ直すことはできません)

異常を感じた時の対処方法

基本性能

ドアのスピードが異常に速くなった。


ドアが閉まる直前から「バタン」と大きな音がする。


ドアの閉まるスピードが異常に遅くなった。


ドアストップを解除する時、「バチン」と大きな音がする。

ドアが物凄いスピードで閉まり困っています

不快な気分と危険性

ドアが「バタン」と激しく閉まる音は誰もが不快になります。
ドアクローザーの本体から一度、油が漏れ出すと最後の一滴まで漏れ続けます。 油が完全に抜け落ちますと、ドアを開けて閉まるまで1秒以下で閉まるようになります。

非常に危険で実際に打撲などの事故も発生しております。
放置しても解決いたしません。 油漏れが確認されれば交換しましょう。

ドアクローザーに品番が書いていない理由

ドアクローザーは各部品の組み合わせで製品が出来上がります。
部品は各機種に共用していますので、部品名だけでは品番は特定できません。

※ 刻印=品番ではないケースが多いですが、機種選定には重要な番号です。

品番がわからなくても、購入できるのは弊社のみ

他社様の販売方法は、一律にお客様が図面をみて自己判断し販売カートで購入。
間違えば自己責任です。
弊社はお客様から画像送信などを頂き交換機種を選定して販売。
現状穴で交換できない時は、無償交換又は全額返金いたします。
どちらを選びますか?