最新情報

2016.7.7
NHN交換機種のページを更新いたしました

NHN50シリーズ

ブラケットのサイズを明確に表示いたしました。
ストップ付き又は無しにする方法を掲載いたしました。

特にストップ無しに設定する方法は、取説にも記載されておりません。
ストップ無しに設定の時は、ホームページ(NHNドアクローザー)をご参照お願い申します。

<備考>
ストップとはドアを開け、90°くらいでドアが止まる機能です。
ストップ無しは、どの位置でもドアは閉まります。

2016.6.14
スマホからの「ご注文」「お問い合わせ」

「ご注文」「お問い合わせ」は、まず自動返信にて「受信」の返信をいたします。その後に担当者から内容に沿って返信メールをさせて頂きます。

携帯及ぶスマホへの「返信メール」が届かないケースがございます。調査しますと、携帯及ぶスマホの「着信の設定」が主因のようでございます。

「ご注文」「お問い合わせ」の前に、アドレス「info@drcloser.jp」からのメールが受信できるように設定をお願い申します。

2016.5.10
NHN152SPT/153SP交換機種の次回販売日のご連絡

4月中旬から発売のNHNの交換機種。
その中の152SPT、D4X16,153SPの交換用が完売しております。

次回の発送は5月23日頃を予定しております。
発送はご注文の早い順からになります。

7月くらいからは生産も安定し、豊富に在庫を取りそろえる予定でございます。
しばらくの間、ご迷惑をお掛けしますがご了承のほどお願い申します。

2016.4.26
ゴールデンウイーク休業日のご案内

平素より、弊社ホームページをご利用頂き、誠にありがとうございます。
4月29日(金)~5月5日(木)を休業とさせて頂きます。

5月6日からは通常営業いたします。
なお、「ご注文書」「交換機種お問い合わせ」は随時受付しております。

NHN153SP同等品の第一次ロットは完売いたしました。
次回は5月20頃には入荷の予定でございます。

どうぞ、よろしくお願い申します。

2016.4.8
NHN No52 /No53 同等品の販売のお知らせ

ドアクローザーメーカーとのタイアップにより下記の機種の同等品を販売いたします。
「Dr.クローザ」の独占販売品になります。

<代表的な機種>
NHN No52系の機種
    152SP 152SPT D4X16 P1X41
NHN No53系の機種
    153SP 
色はシルバー、アンバー色になります。

取り付けビスピッチ、本体全長寸法はまったく同じです。
取り付けはとにかく簡単です。

4月20日頃の発売を目指しています。
現在、ホームページの修正も進んでおります。

最新情報一覧

ドアクローザーの基本性能

基本性能

ドアクローザーとは、ドアの上部に取り付けられドアを油圧により、ゆっくりと自動的に閉める装置です。

季節の温度変化により、ドアクローザー内部に使用されている油の粘性が変化し、ドアの閉じる速度が変化します。
しかし近年のドアクローザーは油の改良によって、通年速度変化はなくなりました。

本体から油が漏れた場合は、至急交換することをお勧めいたします。
ドアの閉じる速度が極端に速くなり、事故につながる恐れがあります。

ドアクローザーは分解、改造、油の注入はできません。

ドアクローザーの故障の原因

寿命による部品の磨耗、劣化
ドアクローザーを長年使用されますと、本体内部の部品が磨耗、劣化により、当初の性能が維持できなくなることがあります。
寿命の年数はドアの開閉頻度などによって、一概に決まっておりませんが、一般のご家庭では、使用後10年以上過ぎた製品は交換をお勧めいたします。

故障の原因

ドアを強制的に閉めていませんか。
ドアを早く閉めるために、人為的にドアを閉めることを繰り返すと、内部の部品に無理がかかり故障の原因に至ることがあります。

スピード調整弁を反時計まわりに回しすぎ
本体にあります速度調整弁を必要以上に回しすぎますと、ネジが抜け、油が漏れることがあります。
(一度ネジが抜け落ちると、入れ直すことはできません)

異常を感じた時の対処方法

基本性能

ドアのスピードが異常に速くなった。

ドアが閉まる直前から「バタン」と大きな音がする。

ドアの閉まるスピードが異常に遅くなった。

ドアがストップしなくなった。

ドアストップを解除する時、「バチン」と大きな音がする。

調整不可の時や本体から油漏れの時
15年以上のご使用の時

ドアが物凄いスピードで閉まり困っています

ドアクローザ交換で

不快な気分と危険性

向かい家の住人をなたで殴る 男逮捕
「ドアの開け閉めがうるさい」とたびたび苦情

騒音で殺人or殺人未遂

ドアが「バタン」と激しく閉まる音は誰もが不快になります。
ドアクローザーの本体から一度、油が漏れ出すと最後の一滴まで漏れ続けます。
油が完全に抜け落ちますと、ドアを開けて閉まるまで1秒以下で閉まるようになります。

非常に危険で実際に打撲などの事故も発生しております。
放置しても解決いたしません。
油漏れが確認されれば交換しましょう。

油漏れ 交換が必要です

ドアクローザーに品番が書いていない理由

ドアクローザーは各部品の組み合わせで製品が出来上がります。
部品は各機種に共用していますので、部品名だけでは品番は特定できません。

※ 刻印=品番ではないケースが多いですが、機種選定には重要な番号です。