ドアが「バタン」と急激に閉まる音は不快ですし、危険です。ドアクローザーが原因ですが、交換方法がわかりません。このサイトでは調整方法、交換時期の見分け方、外し方、交換機種の選定まで詳しく専門家が説明いたします。

1000シリーズ

リョービ 1000シリーズ 

見分け方

1) 本体

本体
裏刻印
本体
全長寸法
539

229ミリ

R14

・本体裏の刻印を確認しなくても、本体全長寸法が229ミリは20シリーズ又は1000シリーズになります。

2) アーム

・フラットアームが標準仕様です。

3) ブラケット

【横一線4つ穴】

・YKKAPなどのドアメーカー専用品は上記寸法と異なる機種もあります。

 

76 40
70 35 特別対応品
70 30 特別対応品
60 35 特別対応品

【ちどり穴4つ穴】


【2つ穴(スタンダード型)】


交換機種

・製造中のドアクローザーですので同一機種で販売いたします。

販売価格

・ストップ無し 9,790円(税込)
・ストップ付き 9,980円(税込)送料、代引き手数料は無料

■ブラケット特別対応品

・ストップ無し 12,650円(税込)
・ストップ付き 13,200円(税込)

万一、現状穴で交換できない時は、無償交換又は全額返金いたします。

ご注文でのご確認事項

・ブラケットの取り付け穴及びアームの形状を確認します。
 本体の裏のP2又はP3の確認ができればベストです(ご使用ドアでも判断できます)。
・ストップ付き無しの確認をします(ストップ付きは90°までドアを開くとストップします)。
・色の確認。


PAGETOP
Copyright © SAITO Co.,ltd. All Rights Reserved.