弊社では一番簡単に交換できる機種を販売いたします。
メーカーにブラケットの製作依頼や特殊な背板を製作し、現状穴で交換できるモデルを多数、用意しています。

また、今まで不可能といわれたメーカー別の部品の連結も一部では可能にしております。
販売機種は年々、変化しており大半は現状穴で交換できる機種で在庫対応しています。

ドアクローザーの交換は日本で一番詳しい「Dr.クローザ」がご案内いたします。