間違いだらけの品番選び

品番選定ミスの実例

RYOBI ドアクローザー 702P
アームに702Pの刻印(写真)があったので、
品番が702Pと思いネットで購入。

702Pは本体の名称であり、品番ではありません。
702Pには3種類のブラケットがあり、今回は702PDが正解の品番でした。

702Pで選定すると、写真(右下)のブラケット仕様になります。
702Pのブラケットは、90%以上 L型かD型になります。

既存のブラケットに新規のリンクは接続できませんし、既存のアームも新規の本体には連結できません。

このお客様は、結局702Pを購入しても何も交換できませでした。


弊社は702Pのお問い合わせに関しては、
すべてブラケットの仕様を画像添付して確認いたします。
NEWSTAR ドアクローザー  P82 P182 P83 P183
アームの刻印や寸法図を取り寄せ、P83と確信しネットで購入。

ブラケットを外し、新しいブラケットを取付ようとしたが、ネジがブラケットに入らない(写真)。
ネジが6ミリから5ミリに変更されています。

現在のブラケットの穴径は5.5ミリのため、6ミリのネジが入りません。
ブラケットの仕様変更により、既存のブラケットとリンクは連結できず、ブラケットのみ既存使用はできません。

このお客様は先のとがったヤスリを買い、ブラケットの穴を削ったようですが、凄く時間がかかったようです。

弊社では、建物が昭和か平成に建てられたことを確認しています。
6ミリネジの可能性のある時は、6ミリネジ対応品を販売しています。
RYOBI ドアクローザー S200
リョービ品の交換なので、万能型のドアクローザー
S202Pをホームセンターで購入。

万能型には、既存品の寸法に制約があります。
今回の機種は「RYOBI REGNOシリーズ」で、縦のネジ穴寸法が合いませんでした。

万能型でも数多くの交換できない機種があることも事実なのです。このお客様は業者を呼び、取り付けされたようですが、高い交換代になったようです。

現状穴で交換ができるかどうかの判断は、他店様ではできません。
弊社では現状穴で取付可能かどうかの判断の上、販売させて頂いています。
NHN ドアクローザー 52
弊社の失敗例

NHN 52の交換用4台の注文のメールが入りました。
メールには、本体の裏側に52の刻印がありと書いています。

ただ、52は品番ではありません。
52SP、152SP、152S、52Sなど、かなりの機種があります。

末尾のP(パラレル)とS(スタンダード)ではまったく、仕様が異なり取り付けできません。
電話で確認しますと、アームがドアと直角ということで、スタンダード(S型)の判断をしました。

数日後、取り付けできないとの電話を受け、画像を送信してもらうと、アームはドアと平行のパラレルでした。すべて、無料交換させて頂きました。

スタンダードの取り付け穴は2個と決まっています。
それからは、ブラケット穴の数で判断することにいたしました。

一般的な玄関ドア、事務所ドア用ドアクローザーの交換コスト比較

  交換業者 ホームセンター及びネットショップ Dr.クローザ
費用 20,000円~40,000円以上
(地域により格差有)
新規の穴加工は別途加算
6,000~14,000円
(製品のみ)
8,000~11,000円
(製品のみ)
納期 ドアクローザ確認
→商品手配
→取り付けで3~5日
1~3日 1~3日
(当日又は翌日出荷)
取り付け
  • 施工込み
  • 製造中止品は新規の穴加工で取り付けするので更に取り付け費はアップする
    (一般に交換可能品を探さない)
  • 商品を間違って買っても
    自己責任
  • 自己責任による取り付け
  • 機種別に取り付けのワンポイントアドバイスを添付
  • 交換用ドアクローザ
    S202Pは取り付け動画設置
  • 取り付け完了まで電話又はメールで完全フォロー
長所 施工込みで楽
  • 商品の選択肢はないが、気軽に商品が手に入る
  • ネットショップでは激安店も
  • 製造中止でも全メーカーから交換可能品を探す
  • ブラケットの3つ穴対応など、どこにも書いていないことまで解説
短所 値段があまりに高い
  • お客様が選択した商品を販売するだけで商品知識やアドバイスはない
  • 取説だけで取り付けるので正確に取り付けできないことが多い
札幌からの発送のため
1~2日余計にかかる

ドアクローザは正確に取り付けることが命です

「Dr.クローザ」の運営会社

「Dr.クローザ」は株式会社サイトーが運営しております。
代表の斉藤信二はリョービ株式会社にて20年以上、「ドアクローザー」一筋の営業に従事していたプロ中のプロであります。

どうぞ、ご安心して「交換機種お問い合わせ」をご利用くださいませ。
なお、ホームページ上のリョービ株式会社の画像はすべて許可を頂いて使用しております。

※下の画像は事務所と入居しているビルでございます。

株式会社サイトーの斉藤信二でございます。

斉藤信二でございます
お任せください

間違い

注意

1.本体の主軸を回転させないで、取り付ける
2.ストップ装置の設定ミス

取り付け位置のポイント

弊社では、ミス防止に納品書に機種別の「取り付け要領ポイント」を記載いたしました。
また、「ドアクローザー取り付け動画」ではストップ装置の設定方法を実演しています。

ドアクローザーは正確に交換すれば一般に10年以上は使用できます。
弊社も販売価格には十分な配慮をしているつもりですが、仮に価格差がありましても、誤った取り付けをすれば意味はありません。
どうぞ、「Dr.クローザ」からのご購入をお勧めいたします。

ドアが全く動かない

完全サポート

ドアクローザーは一般に品番は明記されていません。
製品は本体を共有して、さまざまな仕様のドアに対応した部品で成り立っています。
ネジの長さが違うだけでも品番が異なるため、品番数が多すぎるため明記できないのです

ドアクローザーの画像で大方の機種は判明いたします(ドアクローザーの本体に
明記されているメーカー名と、使用場所も記入頂ければ、よりわかりやすいです)。
弊社からは機種名(又は交換可能機種)+販売価格をご連絡いたします。
弊社から購入頂ければ、交換完了まで完全保障いたします。