ドアクローザーの基本性能

  • HOME »
  • ドアクローザーの基本性能

ドアクローザーの基本性能

ドアクローザーとは、ドアの上部に取り付けられドアを油圧により、ゆっくりと自動的に閉める装置です。

季節の温度変化により、ドアクローザー内部に使用されている油の粘性が変化し、ドアの閉じる速度が変化します。
しかし近年のドアクローザーは油の改良によって、通年速度変化はなくなりました。

本体から油が漏れた場合は、至急交換することをお勧めいたします。
ドアの閉じる速度が極端に速くなり、事故につながる恐れがあります。

ドアクローザーは分解、改造、油の注入はできません。