ドアクローザー交換の問題点は

寿命がきたドアクローザーは交換しましょう

交換業者さんは高すぎて!

地域で格差はありますが、大都市圏ですと3万円くらいはかかります。
製品代で1万円、取り付け費で1.5万円、出張費で5千円の計3万円くらいです。

大手のハウスメーカーに依頼しますと、さらに高額になる傾向です。
地方都市でも2万円以上が相場になります。

現状穴で交換できるなら、
個人で交換できます。

自分で交換できるかな?

まったく同じドアクローザー又は現状穴を利用して交換できる機種をご提案いたします。

リョービの万能型ドアクローザーは、「ドアクローザー取り付け動画」
(DVD)を見ながら交換
(ご購入者様に無料でDVDを進呈)。

弊社からの購入者様は、疑問点をTEL又はメールで
交換完了までフォローいたします。

品番がわからない!

下記はよくあるネットショップの図面です。
これは、メーカーが公開しているカタログです。

この機種は同一寸法で3機種あります。
S21PD  S22PD  S23PD

どの機種を選択すれば良いでしょうか。

このカタログはドアメーカー向けのものを転用しています。
個人の方が見られても、判断できるものではありません。

取り付けのビスピッチ以外に、印の寸法は重要でこの寸法が異なれば取り付けできません。

機種選定は弊社におまかせください。万一、現状穴で交換できなければ、
弊社の責任です。弊社から購入されれば、お客様のリスクはございません。